カテゴリー ‘校長ブログ’の記事


見栄より思いやり

2016-03-24

少し前のことですが、

子どもをコースラウンドに誘ったのですが、頑なに断ってきた家庭がありました

レッスンは練習場での打球だけだったのですが

家族で海外旅行に行った際、初ラウンドを行ったようです

小学生の子どもが海外で初ラウンド

一生語れる自己満足かもしれませんが

それはどうでしょう?

まさか、それで人様に迷惑をかけずにコースをまわれていたとは思えません

日本では、一般的に見かける光景です

せめて、日本人に迷惑をかける程度で済ませて欲しかった

それが私の感想です

パブリックっていう意識

公っていう意味ですが

残念なことに日本人には乏しいですなー

 

そしてすぐに出てくる言葉は、

「お金払ってるでしょう」

だって

 

そこから先、私が語ったところで少数意見かもしれませんなー



そんな調査 やめとけ

2016-03-16

「声出し」の調査が広まってます

プロ野球選手に「声出し」ですか

高給取りのプロ野球選手が、そんなことを真面目にするはずがない

でしょ?

しかし、私が甲子園で座る観客席は、いつも三塁側

巨人の声出しは元気があるなー

そこで阪神が負けてるわ、って思ったもんです

えっ、阪神もですか

同じ金もうとったら、負けんように行かんかい!

それにしても少年野球のスタンドプレーやないですか

昔、プロ野球といえば、なんとなく始まって

なんとなく終わる感じでした

選手個人がモチベーションを上げて、いいところで打ってくれればエエ

それがプロ野球でした

清清しいスポーツマンシップ

そんなんは高校野球に求めればいい

 

そんなニュースが、朝刊の一面に載ることですか?

バカバカしい

確かに、調子こいてるよなー

って思わなくもありません

しかし、結果が出なければそれなりに叩かれること

エエとは言いませんが、ちょっと事件にしすぎてますよね

もっと落ち着いて、アダムス方式が果たして正しいのか、

そっちの方を考えなあかんのと違いますか?

 

話題がちょっとお粗末です

 



こう見えても、私、友好的で

2016-03-07

商売してるからやろー

そういう考え方は正しくありません

そういうこと言う人がいますけどね

違います

みんなが友好的になったらええことです

どんな職業の人も

当然そうなるべきで

反対する人もいくらかいるでしょうけどね

 

私、子どものゴルフによく顔を出します

練習ラウンドのときには、

「一緒に行かへん?」

よく子どもを誘ってます

知ってる子どももたくさんいます

しかし、そうじゃない流れってあるんですよね

それを私が指導者かそうでないかは、まったく関係ないと思うんです

ゴルフの指導者じゃなくても、きっと私は声をかけていると思います

同じゴルフコーチの集まり

それがどないしてん!

 

小さな集まりでごちゃごちゃしとってもしょうがないで

友達作ることが先と違うかー?

 

なんか排他的な空気を流すのよね

 



緊急連絡先

2016-03-01

別に私の緊急連絡先のお知らせではありません

昨年のことです

近くの踏切を子どもたちと車で通過中、カンカンカンと遮断機が下りてきました

遮断機の棒が一番下まで下りずに宙ぶらりんになっていました

こういう詰まらんことですが

痴呆症のお年寄りがよく踏切に迷い込んで事故に遭うんです

 

「緊急連絡先」が書いてあったので、すぐそこに電話を

「すぐに行きます」

すぐに行きます、って

ライトバンでやって来るの?

そう思って待ってましたら

電車は一編成も通らず、遮断機は下りたまま

危険の回避でしょうか?

すると、徐行しながらやって来たのは、特急列車

そのまま通過するのかと思いきや

運転席の隣

つまり先頭列車の中央に駅員さんが乗っています

踏切手前で特急列車は停車し、その駅員さんが降りてきました

 

まさにそれ

すぐに行きます、って

最も早く現場に到着する方法よね

 

恐れ入りました

 



ゴルフフェアに出かけてきます

2016-02-18

18日より二日間

東京出張であります

今年の流れを見てきます

 

「それがどうした」

ですが、

新しいものを創造する仕事には、やっぱり必要なのです

どう変化していくか

やっぱりチェックして、人と話しておかないと

話をすることが大事なことかと思います

英語は使ったり使わなかったりだね

海外からの人と話すのはもっと楽しいですが

 

とにかく行ってきます



あれあれ、デートなのね

2016-02-15

山の散歩から帰ってきました

昨日はバレンタインデー

小学生と中学生の女子が外をうろつく日でした

送り迎えをするのがどうやらお母さん

車で男の子んちへ送っていくのね

さて何軒送っていったのやら

 

そして、今日はそれが結ばれたのか、早速デートよ

山の公園でブランコデート

中学生のカップルが辺りを気にしながらデートをしておりました

かわいいもんよねー

 

うちの娘ですかー?

もってのほかです!

 

冗談です



残業する人  仕事が好きな人

2016-02-07

せめてもの話

残業をする人を仕事が好きな人

って言わないでしょ

プライベートな時間を子どもに費やしたら、子どもが好きな人といって簡単に片付ける

そういう風に考えるのはどうだろうかって私は思うのです

そんな人は、

ただの自分勝手な人

自分に都合のいい人

私はそう思うのです

 

それでもまだ正当性の言い訳をするでしょうね

 



東京ビッグサイトから帰ってきたら

2016-02-05

そろそろジャパンゴルフフェアです

今年もそのシーズンがやってきました

アイアンとウェッヂを作ろうと思うのですが、観て来てからにします

何か新しいものを発見するかもしれませんから

真似じゃないですよ

何かしら漂うニュアンスです

もっといいもの

作ってみたいと思います



進化には、忍耐が

2016-02-02

いやいや、子どもたち

大人の生徒さんも含め

良くなりつつあったら、戻る

それの繰り返しで

良くなるタイミングがあるだけマシって思っているのかどうか

さあ分かりません

 

しかし上達には、良い状態を継続させること

これ、大事なんです

もっとも大事なことは油断をしないこと

それから、

得たものは、もしかして半分だけ得ただけかもしれないので、また失う可能性があることを覚悟すること

そうすれば、慎重にならざるをえませんねー

それで結構!

人は一気に三歩前には進めません

必ず一歩ずつです

 



ヨコミネ式 大事なことは

2016-01-21

お昼のテレビでやってましたね

ヨコミネ式教育

私も興味があります

実は数名、ヨコミネ式を経験したお子さんがおられます

私はあの教育方法は好きです

しかし、一点だけいいでしょうか

小学校就学前に逆上がりが出来、跳び箱が飛べ、逆立ちで歩けます

しかし、小学校で成長するにつれ、それらは微妙に出来にくくなるのです

逆上がりが出来にくくなる

跳び箱が飛べなくなる

逆立ちのフォームが崩れてくる

そういう事例があります

子どもの体の生育と共に、体のバランスが変わってきます

骨格、筋肉量、身長・体重の増加により、それまでと同じからだの動かし方では、同様の動作が出来なくなるのです

一度覚えると死ぬまで出来る自転車こぎとは異なります

つまり、小学生に入っても継続的に同様の運動

それに加え精神状態をも維持すること

それが必要なのです

それに気づくのが、中学生になってからでは、

年少時の投資が、無意味なものになってしまうのです

継続させることが必要です

 

教育は自転車乗りではないこと

何度も言います

継続すること

これを実行して欲しいのです

 


« Older Entries Newer Entries »