1月, 2014年


アイアンの素材は変わった

2014-01-28

デヴィッド・イシイという選手がおりました
ハワイに住む日系アメリカ人です
日本人とは少し性格は異なり、まったく物事に動じません
そんな選手が使っていたのは、
ベンホーガン ディレクターのアイアン
しばらく日本でプレーしてからは、ダンロップのアイアンに変えました
以前使っていたディレクターは、もしもの時のためにヘッドだけを保存
雑誌で語っていたのは、材質が硬くなったこと
その方が少し飛ぶということでした
今では常識ですが、

当時はクラブの材質が二分しておりました
コンダクターLXというアイアンは逆に柔らかく、ライロフトの調整がやりやすい
しかし、使っているとすぐに角度が変わってしまうんです
ピンは今以上に硬かったよねー
リンクスもそうだけど

少し硬いほうが飛ぶけれど、調整はできない
ヨーロッパで使われたスラゼンジャーの素材も、これまた硬かったねー

今日の「ゴルフの用語」
「Average」

平均的なプレイヤー
何をもって平均的かよくわかりませんが、100前後か、80台90台でまわる方を云うのでしょうね

80台は、上級者ではないでしょうね
それに準ずるというところでしょうか?

毎週日曜日午後5時からFMラジオで流れる「安部礼司」とは異なります
彼がゴルフをするなんて、聞いた事もないしね

「A」っていうシャフトのフレックスの記載
このアベレージから来ています
でも、皆さんのシャフトには「R」って書かれていますよね
レギュラーの「R」ですよね
「A」は探すのが困難です
「R」よりも少し柔らかめの、シニアや、力のある女性の方、それに、小学高学年に丁度いいのに
それがないんだなー
今ではすべてが「R」表示
R1とかR2とかになっている
ひどいものだと、「こちらのRは柔らかめです」って
それじゃ、よくわからないじゃない
「A」って嫌なんだろうねー
みんなが持ってる「R」の下だから
スコアが良かったらそれでいいのにね



雨漏りはするし  でも、オレんち、最上階じゃない

2014-01-27

土曜日の晩から雨漏りがしておりました
外は小雨なのに、ボットンボットン漏れ落ちてきます
えらいことですわ
日曜日まで落ちてきてました
今はひと段落してます
悲しいおうちに住んでます

給水管が破裂したようです
まだ漏る可能性はあるようです

先日、KINDLEを買いました
ホワイトペーパーという、最もベーシックなやつです
アマゾンから自在にダウンロードして本が読めるようになります
英語の古書を買うと、本題は安くても送料が高くつきます
しかも、ダウンロードだとすぐに読めるでしょ
読みたい本がいっぱいあるのです
読む時間はかなり限られますけどね

さあ、お昼ご飯は終わった
リシャフトに出かけますか

それでは



私の試練

2014-01-23

今日の「ゴルフの用語」
「CONQUEST」

コースレートよりも少ない打数でホールアウトすれば、そのプレイヤーはそのコースを「征服」したといえるだろうか?
コンクエスト
決して他人に対して使う言葉ではありません

もしも子どもに対して「征服した感」があれば
その道は引き返すべきです
「こうさせた」
「よくなるようにしてやった」
少しでも、そう感じたらすぐに戻ろう
さもなくば、それはただの人を巻き込んだだけの自己満足に過ぎない



姫路城もこれで少し見納め

2014-01-15

1月の15日で、姫路城の見学が終わります
エレベーターで天守閣を外から見ることができなくなります
昨日、最後ということで、姫路城を見てきました
久々に見る姫路城はいいものです
成人の日には、エレベーターの待ち時間が4時間になったそうです

姫路に住んでる人はなかなか行かないのよね
姫路城では千姫の展示がなされておりました
西の丸での話です
外では黒田官兵衛のパビリオンがあります

これから1年
姫路が忙しくなったらいいですね



冬物衣料バーゲン

2014-01-14

本日1月14日(火)より、二日間
1月15日(水)まで
冬物衣料大バーゲンを行います

ガッカリさせない大阪の業者さんです
どうぞ、大塩ゴルフリンクスにお越しください
今晩でしたら遅くまで営業しておりますよ

アウターはもちろん、女性用も、アンダーウェアも、
どうぞご期待ください

私は、夕方から顔を出そうかな

ちょっと、別件がありますので



オリンピアンの言葉

2014-01-09

「一番にはなるな!」

なにもそうは言ってないのですが、
子ども時代の異常なスタートダッシュはいけません
ゆっくりでいいのです
ちゃんと基本さえ覚えていけば

私とはすれ違いになったのですが、数日前に来られたオリンピアンの幼少時代
今でもオリンピック候補の選手です
たぶん、陸上ファンなら誰でもご存知の
今度の女子駅伝の優勝チームの監督になるかもしれません

その方の小学時代の長距離の順位は、学校で5位程度
進学後、バスケットボール部所属していたときに、陸上競技部の駅伝大会に借り出されたそうです
そこから少しずつ階段を上がって行く彼女の人生です

大人になってからもスポーツで成功する選手の多くは無理がない
不必要なストレスが多くない

先日、とある方と話しておりました
子どもさんが走るのが速い
うかがっておりましたら、
いい結果を出せば、大人になってから子ども時代のいい思い出になると
そうおっしゃった

そうですか?

子どもの夢は尻すぼみですか?
子どもがあきらめるのはいいですが、大人が先にあきらめるのは、子どもは嫌います

どうも大人の思い出作りに見えて仕方がない
どんどん上がって行く分は仕方がない
(仕方がないのです。伸びる時期は適当に遅い方がいいのです。)

しかし、無理やり頑張らせて上達させるのはどうかと
私は思います
来てるうちに勝手に入賞したり、優勝したりはしましたよ
何人もの生徒が
しかし、無理はいけません
それに、どこで伸びるのかはその子どもが持った特性です

上に伸びる芽を摘めとは言っておりません
もしかしたら成人してからググッと伸びる特性の子どもかもしれません
大人の思い出やコーチの名声なんてそんなの二の次、三の次です

子どもの夢をもっと大事にしましょう

それに、
頂点を目指して前に進む姿勢を身をもって示してやりましょう!



明けましておめでとうございます

2014-01-01

早速ですが、
今日の「ゴルフの用語」です

これ、ゴルフの用語なのか、ただの英語なのか
よくわかりません

「WATER SPLASH THEORY」

水掛け論

「云うたや云わんやになるから、と最初に云う方がいつもおかしい」
しかし、無責任な人はこの論理に逃げ込む
敢えて言えば気が弱いのかもしれないが、ある意味卑怯な論理
自分の言葉に責任を持って生きている人には、かなり不利になる

これがゴルフの用語なのかどうかは別にして、
いい歳をした大人、しかも役職の付いた人がこれを云っては駄目

でも、こうやってのらりくらり生きていく方法を選ぶのも精神的に病まずにいいかも

あなたはどちらのタイプで生きていきます?

意外とこれ、誰も傷つけずに生きていく方法かもしれませんよ

あまり他所でこの話をしないでくださいね
この英語はどこにもないですから

あまりの腹立たしさに、私が考えた変な英語ですから