8月, 2013年


ドライバーを飛ばせ

2013-08-14

ドライバーを飛ばす講習ですが、

いつの間にやら、ドラコン大会に名前が変わっています

あくまでドライバーを飛ぶようにしようというイベントです

90分のイベントですが、すぐに時間は経ってしまうのですがね

スイングのチェックをしたり

ストレッチをして差し上げたり

スイングを動画で撮ったり

ほら、そうするうちにもう90分でしょ

でも、そこに使えるかどうかわかりませんが、マニュアルを作っております

飛ばす要素であるとか、クラブの話とか

そこに筋肉の話を入れたら、もうパンクしそうですわ

筋肉の話は、90分では無理でしょうなー

 

まだ、枠は若干残っております

8月18日(日)尾上ゴルフセンターで行います

こちらからお申し込みいただけます

www.web-switch.info/wp/portfolio/dummy-10/

 

お土産、

言うても帰って食べられるようなものではありませんが、人数分ご用意いたします

トレーニングに必要なものです

買ったらいい値段します

セコイ?

こういう勧誘

 

ジュニアのイベントもこちらで受け付けております

www.web-switch.info/wp/portfolio/dummy-10/

私は子どもを元気にするのを使命としております

親御さんを元気にして、たまたまスコアが悪かった消沈した子どもを叱り散らす

そういう最悪の現象だけは起こさないようにしたいと思っております

 

 

 



アプローチに大事なもの

2013-08-13

来週教えますけど、アプローチショット
子どもに教えるんですけどね

何回言っても、いつも同じクラブ1本を持ってボールのもとへ向かう人
ほとんどがそうなんです
いったい私の役目は何よ

ただ言うだけの人?
そうかも

私が言ったことをやってもすぐにはスコアは良くなりませんから 
そしたら何で言うのよ?

それもそうです

今のプロもほとんどがそう
かもしれない

転がしてアプローチする人なんて
時折見かけるけど
だいたいがパターを持っている

それって、テキサスウェッヂって言うけど
私が言いたいのはそれじゃないのよね

7番アイアンで転がせますか?

9番アイアンで転がせますか?

転がしたら、カップに入る確率が上がるでしょう、って

実は、それだけではない
私はこないだから、この話をしている

ロブショットでピンの根元に落とせば、1mぐらいに寄るよって
確かに上手な人はそうです
でもね
ちょっと違うの
アンジュレーションの強いグリーンで下りのスライスなんて残りようものなら
どうしますー?
上りの2mの方が良かったと思いませんか?

ロブショットで、そのポジションに寄せることはほとんど無理
転がせば、それが出来ます
ただ、カップからの距離は少し長くなるかもしれませんが、
上りのパットを残す
得意のフックラインを残す
など

話の内容は、まだ膨らむのですが、今日はこれぐらいにしておきましょう



ラフからの打ち方  それも、深いラフ

2013-08-11

全米プロやってます
石川遼くんと松山英樹くんが、予選を通過して決勝ラウンドを戦ってます
ラフが深そうですねー
松山くんはちょっと苦手なようです
どうしても手だけでアプローチしてますから、深いラフには向きません

手や腕でクラブをスイングする
深いラフが、クラブヘッドの動きを止めに来る
そしたら簡単に止まるわけです

体の動きを入れたらどうでしょう
もう少しラフの中でもクラブは進んで行きませんか?
つまりは、日本のような手だけで振れるラフじゃないってことですよ

そういうと手を止めて体だけで振ろうとする人が出てくるのですが、それではいけない
手と体のコオーディネーションです
体を動かしながら手を動かす
日本では中嶋常幸選手の良いイメージが残ってますねー

「カイクーユ」ってご存知でしょうか?
世界最強のラフです
カイクーユ、日本ではキクユって呼ばれますかねー
オーストラリア原産のとんでもない草の種類です
芝生の一種ではありません

シドニーのモアパークゴルフコース
ここのカイクーユのラフは最低
最低なのか、最高なのかよくわかりません
グリーンキーパーの怠慢で一時ラフを刈らない時期がありました
雨が降るからという理由でしたけど、他のコースはそうでもなかったのにねー
ボールは見つからない、見つかったとしても打てない
そういう状態になります
普段でも球が少し浮いていれば、フェアウェーウッドで打てそうなものですが
打てない
5番アイアンでも打てない
当時、つまり25年ほど前
私はコブラ バフラーのラミネートのフェアウェーウッドを使っておりました
レスキュータイプの4番でしたが、それでも打てない
何度も検証の結果、9番アイアンなら確実に脱出できることがわかりました
9番アイアンと言っても、9番アイアンの飛距離ではありません
球にスピンがかからずランも出て、かなり飛距離を得られます
うまくすれば5番や6番アイアンの飛距離が得られます

ラフは、現地のゴルファーが一番詳しいですよね



たとえ3mになろうとも

2013-08-10

ロブショット花盛り
何でもかんでもロブショット
エッヂに近かろうが、チップインを狙えそうであろうが上げてくる
それではいかんだろうがと思うのだが、スコアがそこそこであれば気にしない
それじゃそれより上は望めないわ

次のパットを上りで、しかも自分の好きなラインにつける
1.5mなら申し分なし
たとえ2mになろうとも、得意のラインからなら入る確率はかなり高い
そのポジションに転がして持っていく
球を上げるとピンにもっと近づくかもしれないが、パットのラインは選べない
それが3mになろうとも、その作業をやっていかないとショートゲームの上達は夢に終わる

すぐさまスコアカードに現れることではないが、私にはその作業が見て取れる



週に5日も走っていると

2013-08-09

それほど体重は軽いわけではない
ビールもたまには飲んでいる
走ったらやっぱり足に来るんです
最近は脚じゃなくて、足に来ることが多いです
昔痛めた膝は、ほぼ大丈夫
毎日のグルコサミンは欠かせませんけど
それでも足底筋膜炎は、待ったなしにやってきます
痛みがないので気が付きませんでしたけど、昨夜、左足の裏にしこりが
ありゃ
なんとかつぼ押しの棒で少しはマシになりましたが、
まだ、少ししこりは残っています
これ、なんとかほぐさないとねー

まだ、痛みは出ていません



他人の痛みがわかる

2013-08-08

子どものレスリングチャンピオンのテレビ番組を観ていました
試合終了後、相手のジュニア選手が首を絞めてきたと、悲しそうな表情
フェアプレーの選手にはありがちな、ちょっと線が細そうな光景です
自分がやってはいけないと普段から自覚していることです

昨日、子どもたちとランニングをしておりました
ちょうど中学校の前に差し掛かったところ、ある運動クラブの生徒たちが下校中
走っている子どもの前を横隊になり、走路をふさいでしまった
「:・;@^¥!」
私は大きな声を出した
なにやらぶつぶつ言ってはいたが

そのあと、もう一度違う部隊と遭遇
前方をまたもや横隊行進中
「どいたってー」
私の声で、先頭の子どもは通してもらったが、後ろの子どもには邪魔をしたようだ
部活帰り
今まで自分たちが汗をかいてやってきたこととほぼ同じことをしている年少の子どもに、そうやって返すのか?
どうも不思議な
あまりにも上下間の感覚がなさ過ぎる
年下のものに対する思いやり
何かしら小さないじめも存在するだろうが、
(不本意ながらねー)
最後は、年長者が責任を持つべきでしょう

どうしてだろうねー

不思議だねー



しんどいことはやらん

2013-08-04

ジュニアゴルフの出場する試合の選択方法で、
予選に残れば次があるからと、そういう選び方をされている方もあるようですが、
はて?
余分に一つ前の試合をこなしているだけと思えば、
どうです?
いくらでも出場するべき試合が増えてきませんか?
各社、各団体がジュニア向けの試合を数多く開催しているようです
しかし私が開催するのは、1回こっきり
次の継続する試合はない
持った力を使い果たすような試合にしたかった
だから、1.5ラウンド

1ラウンドの試合を数多く経験させる
そういう安直な考えの方が多いようです
でも、あえて私はそちらには行きません

9ホールの同じコースを3度も4度もまわる競技ならもっと面白いはずです
プレーしていて飽きるでしょう
飽きずに頑張る集中力、そんなものをみんなが持ち合わせているでしょうか?

良い9ホールのスコアは、意外と継続しません
しかし、投げ出したら、投げ出したようなスコアになりやすい

何度も同じところをまわるのでホールのレイアウトがよくわかるから、あとは集中して実践するのみ

この9ホールをぐるぐる回る競技会は、いつかやってみよう

十数年前、山陰地方で毎月開催されていたプロとアマの合同研修会は、2ラウンドの競技会だった
金曜日に開催されて、当時小学生の草瀬大志は学校を休んで参加した
日本を代表するジュニアに選出された理由はここになる
かつての永田あおいプロも参加したことがある
主催の久保四郎プロ、娘さんの久保眞美プロ(当時はアマチュア)は当然のこと
シニアプロの高木祐二プロもそうである

結果、多くのゴルファーを輩出したことになる
プロ、アマチュアにかかわらず
強くなるにはどうするのか?
それは、数多くの試合に出ることではない
長丁場の試合に参加することだ

研修会は現在は1.5ラウンドの競技会になったが、今でも継続している

長くプレーすること
疲れるまでプレーすること

これが重要だと理解できる人は、果たして

わかったけどやらないって言う人がほとんどだろうねー



LPGAのサマーキッズデー

2013-08-03

私の超おすすめ
関西の最も楽しい子ども向けゴルフイベントです
それほどスコアにこだわるでもない 
ルールが厳しいわけではない
導入部分はこれぐらい柔らかくてもいいのではないでしょうか?
今年はもう終わってしまいましたが、来年小学生の皆さんは一度覗いてみられては?


Newer Entries »