逸ノ城で終わった大相撲秋場所

2014-09-29

優勝せずとも、今回の主役は逸ノ城関でした

強い大関を二人

それに横綱も一人倒しました

13日目の鶴竜戦は見事な注文相撲

それを専門家がどう批評しようと、私にはキーポイントの一戦と評価しています

白鵬の目前、立合いに変化を見せることで翌日の白鵬の立合いに不安感を持たせることとなる

結果、がっぷり組んで横綱との本場所での力の差を認識できる

相撲に負けようとも、逸ノ城、してやったりである

 

したたかなモンゴル力士の登場

かなりの脅威である

 




コメントを書く







コメント内容