知ったかぶり?  いや、そうじゃないんだよー

2013-12-20

惜しげもなく二つのサイトでゴルフの上達に関することも書いたりします
別にこれ、知ったかぶりじゃないんですよ

実はこれ、ある人からの提案をそのまま守っているだけなんです
知っている情報を隠さない
みんなに公表する

テキサスのゴルフスミスというゴルフのパーツメーカーに単独研修に行きました
私の勝手なメニューで、ティンズレー・ぺニックにゴルフのレッスンを受けたり、
中古クラブを求めてドライブしたり
それなりに楽しみました
ハービー・ぺニックがいた、オリジナルのオースティンカントリークラブでプレーしたり
(今のオースティンカントリークラブとは別のコースです)
最後の晩餐で、
ブッチ・ハーモンの講演がありました
そこには、ヘレン・ぺニックもキャシー・ウィットワースも来ていました
話の内容は、
まず、二代目は大変だと
ブッチも、ティンズレーも二代目だから色々大変だと
それと、知っている情報は隠さず公開しようと
そういう話でした

だからです
色々話しているのは
別に知ったかぶりだとか、作り話ではないのです

特に子どものネタは、ぜひとも受け入れてほしいことがたくさんあります
というのは、多くの親子が失敗したのを見てきた蓄積があるからです
これはしてはいけないこと
こういうの、大人の方には面と向かって云うと、たいへんなことになるでしょ
だから、第三者の話にして語るわけですよ
それでも、いざとなればそういう行動をとってしまう

そういうものなのですかねー

とにかく「真ん中の道を進むこと」
すぐに、ちょっと他人と違ったことをしたがる
あまり他人がしていない方法を選択して喜んでいる
そういう変な優越感は、出来たらない方がいいです

真ん中の道を進みましょう

決して偏ってはいけません




コメントを書く







コメント内容