子どもだって、パットがうまくなる

2013-08-21

DSC_0503

初心者の子どもにパッティングを教えるのは嫌いです
いくら言ったって、すぐに感覚に頼るんですもん
理屈では簡単に説明できますけど、子どもに理屈ばかりではねー

パッティングの注意点は2点
方向と、距離
方向は、パターのフェースの向きとストロークの方向
クラブを1本、ラインに平行に置いて、それに沿ってストロークする
フェースは、地面に置いたクラブと直角になるように
距離は、置いたクラブのどのあたりまでパターヘッドをテークバックをして、どのあたりまで振り抜くか
教えたことは、その2点
いとも簡単

角材を色付けして、センターから両サイドに同じ色を
たとえば、センターは白
その両隣は、黄色
その両隣は、赤とか
そのまた隣はブルーで
そうすると、ブルーからブルーにって振ればちょうどいいバランスでテークバックとフォロースローが同じ大きさになる

真面目にやれば、すぐに上手になるでしょう




コメントを書く







コメント内容