シャフト交換で飛距離アップ  でも、こういう方法も

2014-04-22

ゴルファーに応じてリシャフトをして、最高のパフォーマンスを得る
飛距離アップには、軽量シャフト
それに、長尺クラブ
トルクは適度にあった方がいい

それに対して、
市販のドライバーで飛ばす方法
そういうのがあります

市販のドライバーの特徴は、
シャフトがとても軽い
少し長めの設定が多い
トルクは大目
キックポイントは少し先調子
ディープフェースよりも、少し浅めのフェース

さて、こういうドライバーは打ち用によってすごく飛びます

左右の体重移動を抑えること
右にも体重が戻らず
左にも移動しすぎない
アドレスで右サイドの膝、腰、肩を左サイドよりも低く設定し
つまり背骨は、少し右に傾きます
テークバックでクラブヘッドを低く引き
トップスイングは浅めにし
体重移動することなくそのまま左手で肩を開かずフィニッシュのポジションに

この打ち方なら、市販クラブでも今まで以上に飛ぶ

一度やってみられますか?




コメントを書く







コメント内容